スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by mimi
 
[スポンサー広告
■安産ご飯2♪


元気な赤ちゃんは生みたいけれど、毎日、いろんな食材を買い揃えて
スケールで重さまで量って調理をするのは大変ですよね。

”安産ごはん”より!!!

1食分の量をなんとな~くの感覚で覚えてみましょう。

まずは、お魚、お肉、豆製品はこぶし1個分摂取するのが望ましい。
お肉は食べられるけど、豆製品はこんなに食べられるかしら?って
量だなと感じたのは私だけかな・・・。

そして、お野菜は両手に1杯分

ふんわり両手に乗せられるくらいでしょうか。(120g)
1日350g摂取が理想で、うち120gは緑黄色野菜が好ましいです。

今日は、良質な栄養素を含む食材(効果的に)もたくさん紹介したいと思います。

タンパク質
肉(赤身)魚、豆腐、卵、牛乳、ヨーグルト

脂質
鰯、鯖、鯵、鰤 など

ミネラル
胡麻、納豆、アーモンド、ココア、玄米

亜鉛
牡蠣、大豆、玄米、ココア

※1日の摂取量は10mgが理想ですが、牡蠣1個で4.6mgも
摂取出来るそうですよ。

カリウム(妊娠高血圧予防)
バナナ、アボカド、じゃがいも、林檎
1日の摂取目安は1600mg(バナナ1本で360mg)

ビタミンA
レバー、人参、卵黄、かぼちゃ

ビタミンB
秋刀魚、しじみ、ささみ、鮭、納豆、バナナ、玄米など

ビタミンC
苺、レモン、赤ピーマン、ブロッコリー

ビタミンD(過剰摂取要注意)
干ししいたけ、鰯、鮭

ビタミンE
ナッツ類、かぼちゃ、オリーブオイル

1日で全部は摂取出来ないけど、1週間で考えると全ての食材を摂取
出来そうな気がします。 毎食のご飯作るの大変だけど。(汗)

私は浮腫みが酷いので、妊娠中はとくに注意が必要なんです。
ミネラルを充分に摂取して、塩分を排出させるようにしなくちゃ。

Posted by mimi
 
[粗食のすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。