スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by mimi
 
[スポンサー広告
■防災グッズ♪

防災グッズ





line2.gifline2.gifline2.gif

boy01.gif nawa3.gif

みなさん、災害に備えてどれくらい準備していますか?

3・11から1年半が過ぎました。
今後、どれくらいの確立で日本に地震が起きるのでしょうか。

南関東でM7程度の地震が30年以内に70%の確率で発生すると
予測されています。1年後かもしれない、5年後かもしれない。

東日本大震災が起きて大地震はしばらくないと考えてしまう人がいますが
実は他の地域での発生確率はむしろ高まっていると認識した方が良いとか。

我が家は転勤族で、いつどの地域にいるかわからないので、防災グッズを
購入しやすくなった今、こうして少しづつ揃えはじめました。

まずは、防災セットを1つ購入しました。
ランタンや簡易トイレなど簡単に手に入らない物はショップで購入しましたが
100円ショップで揃えた物もたくさんあります。

レインコート(4人分)、耳栓(避難所生活用)、軍手、電池、レジャーシート
カッター、ラップ、スリッパ、耐震マット、塗れティッシュ、スリッパ、エア枕、
、筆記用具、絆創膏、消毒液など救急セット、ホイッスル(救助要請用)、アイマスク、
ろうそく、ライター、使い捨てカイロ、マスク、歯ブラシ、等など。


お水はパンを焼くので常備されている我が家ですが、今のところ保存食がないので
そろそろ買い集めていきたいなと思います。大人は少しくらいの空腹であれば我慢
出来ますが、小さい子供がいる我が家では食料は確保したいものです。

実は私、名古屋に住んでいる時にマンションが水没しました。

その日、台風の影響もあって会社を早めに退社するように指示が出ました。
帰り道、レンタルビデオを返却に行って、そのついでに何か借りようと
20分ほどお店の中にいたのですが、気が付くと床に水が・・・。

焦ってお店の外に出ましたが、もうそこは20分前に見た近所の光景ではなく
一面水に浸かった知らない街でした。 凄い勢いで流れる水をかき分けて私は
マンションへと向かいました。途中、何度も水の流れに足を奪われて・・・。

側溝の場所がわからず、もし足がハマったら流されて死ぬかもしれないと思い
私は道路のど真ん中を歩いて帰宅しました。ビデオ店からマンションまでは300M
程の近距離でしたが、30分以上かかったのを覚えています。

その晩、管理人さんから電話があり、救助ボートが来ますから避難して下さいと
言われました。外を見ると真っ暗闇の中を救助ボートに乗って避難する人々。
水かさは3階にまで届きそうな勢いです。まるで、渦潮の真ん中にマンションが
あるようにグルグルと水流が蠢いていました。

しかし、救助ボートに乗るのは危険ということで、私はマンションに取り残されました。
私はもう死ぬのかもしれない。
電気もつかない、電話も繋がらない、ひとり孤独な一晩を過ごしたのです。

2日後、やっと水かさが減り、自宅にお水しか置いてなかった私は食料を求めて
水びたしになって近所を歩き回りましたが、どこも開いてなくて・・・。
やっとみつけたコンビニにはジャムやガム、飴しか残ってなかった。
お菓子もカップ麺も水も何もなかった・・・。

あの恐怖は10年経った今でも鮮明に覚えています。

災害に見舞われたとしても3日間何とか生き延びれば救助が来ると言われています。
母親として何とか子供達を守らなければいけません。

我が家では、家族を助けに行かないと決めています。我が家のルールです。

それぞれが必死に生きて、避難所で待っているようにと。
必ずみんな避難所で会える。みんなを信じてそれぞれがまず生きることを
第一に考えようと。家族みんなを信じて、最後まで諦めない。

防災グッズには、預金通帳の番号、親族の連絡先(携帯が水没するかも)などの
紙も一緒にしておくと良いと思います。 防災用の食料は高価ですが、その食料を
3年後、5年後に買い替える時、また家族みんなが無事だったと思えるように
命のあることを感謝していきたいと思います。






line2.gifline2.gifline2.gif

 
 
hotaru3.gif ↑ いろんなスタイルで、楽しく子育て。
いつもお勉強させてもらってます。


kero-upOpt.gif コメント欄お休み中です。また再開します

line2.gifline2.gifline2.gif
Posted by mimi
 
[
その他のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。